谷川岳 烏帽子沢奥壁南稜

1.対象:谷川岳 烏帽子沢奥壁
2.日程:2021年10月14日
3.参加メンバー:真道(4年) 小池(3年)
4.概要:3:45 谷川岳ロープウェイ~4:30 一ノ倉沢出合~6:00 テールリッジ基部~7:25 南稜とりつき~10:15 南稜終了点~10:35 懸垂開始~12:15 懸垂終了~12:45 烏帽子スラブ下降開始~14:45 一ノ倉沢出合~15:15 土合橋バス停

前日に土合駅に入り翌日に備えた。早朝から行動し、4時30に一ノ倉沢出合に到着。

テールリッジまでは、しばらく沢を詰めて途中から右岸側の樹林に入っていく、樹林帯には赤テープがある。しばらく歩くとまた沢に出る(ケルンが目印)、さらに沢を詰め、左岸に移りヒョングリの滝右岸へのfixロープを見つける。ここまで、陽の光がなかったのと沢を詰め過ぎていないか不安になり、ロープを見つけるまで時間がかかった。ロープが掛かっている壁を登り、ヒョングリの滝を右岸から巻くため、泥だらけの踏み跡を進んでいく。割と長めに歩くと懸垂点を発見する。ここから沢床に50メートル懸垂下降、帰りはここを登る(下部はfixがあるが上部にはなく泥だらけで悪い)。

Read More

三つ峠 人工登攀トレ

1.対象:三つ峠
2.日程:9/23
3.参加者:真道(4年)、小池(3年)、橋本(OB)
4.概要

屛風岩雲稜ルートに向けた人工登攀の練習を行ってきた小池です。雲稜にはA1があるということで、アブミの使い方を橋本OBに教わってきました。直登カンテというルートでレクチャーを受けて、あとは実践。直登カンテ、巨人ルート(3P目)、セストグラディストを登りました。

人工登攀の注意事項と技術は以下の通り
・スピーディーに行う。 
・アブミに乗るときは垂直に立つ。
・レストポジション(巻き込み)はアブミに乗せた足を曲げ、踵に座るようにする 片方の足は壁に張り出す
・支点にヌン掛けをする時は、最初にアブミに乗り強度テストをしてから行う。 万が一支点が抜けた場合、墜落距離を短くすることが出来る。
・収納法は色々あるが、アブミを使う時はハーネスの後ろにぶら下げておく、フリーに移行する時は首にかけて登る。

真道・小池は最初慣れない動きで戸惑うが、コツを掴み人工の技術を習得した。

Read More

2021年9月 穂高登攀山行

対象:北穂高岳東稜、前穂高岳北尾根、滝谷ドーム中央稜
日程:2021年9月4日〜9月10日
参加メンバー:4 年:真道 C.L.、田代 S.L.、3 年:小池、田中、1 年:壬生、岩波
概要:

9月4日
部室で装備チェックとパッキングを終え、バスタ新宿より上高地へと向かう。

9月5日
気温:20℃(上高地)、天気:晴れ
5:45 出発〜6:37 明神〜7:20徳澤園〜8:15 横尾〜9:15 本谷橋〜11:00 涸沢ヒュッテ

朝の5:30に上高地に着弾。直ぐに支度を済ませてバスターミナルを後にする。1年生のペースは頗る快調で、2人の新人合宿からの成長を感じる。途中、徳澤園にご挨拶に立ち寄りつつ、2時間半で横尾に到着。ここから涸沢まで雪のない快適な上り道。ヒュッテ手前で30匹程のニホンザルのパーティーとすれ違い互いにエールを交わす。コースタイムより早いペースでお昼前に涸沢ヒュッテへの荷上げを完了した。テント設営も炊事も問題なく遂げる。涸沢から見える北穂高岳東陵のスカイラインを眺めながら、明日の行程を頭の中でイメージ。18時頃就寝した。

ゴジラの背に乗ってきた。

Read More

2021年度 夏山合宿

  1. 対象:

・縦走;笠新道〜笠ヶ岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜薬師岳〜雲の平〜野口五郎岳〜ブナたて尾根

・定着;剱岳 八つ峰Ⅵ峰フェース、源次郎尾根

2. 日程:

・縦走:2021年7月31日〜8月7日

・定着:8月9日〜8月13日

3. 参加者:4 年:真道 C.L.、田代 S.L.、江口、3 年:小池、田中、1 年:壬生、岩波、鎌形

4. 概要:

Read More

8/28 天王岩クライミング

行程:8:22武蔵五日市駅〜8:50天王岩(下の岩場)〜16:45曽利郷バス停〜17:20武蔵五日市駅

メンバー:真道(4年)、江口(4年)、小池(3年)、岩波(1年)、壬生(1年)

久しぶりに個人山行のブログを書く小池です。今回は1年生のクライミング力を上げるためと上級生のフリー力向上を図るため天王岩に行ってきました~

湿気と暑さにうなだれながらも部員一同、岩に張り付いて参りました、成果は以下の通りです。

Read More