滝谷、第四尾根主稜とドーム中央稜の登攀

1.対象:滝谷、第四尾根主稜とドーム中央稜

2.日程:10/18~20

3.メンバー:田中(4年)、鈴木雄大(4年)

4.概要:

ギア:キャメロット#0.4〜3 1セット、ナッツ1セット、ハーケン(未使用)。キャメロットは1式あると所々で使え、有効だった。ナッツは一度だけ使用した。

10/18  6:30上高地〜7:30徳沢〜10:30本谷橋〜12:20涸沢~15:30北穂南陵テント場

 前日に雨が降ったようだが、すっきりと晴れた中、滝谷へとアプローチを始めた。今月末まで犬塚さんが徳澤園で働いているというので、いつもより軽い足取りで、徳沢まで。徳沢園の手前800mほどの所で犬塚さんが現れ、一緒に話をしながら歩いた。今日は小屋での勤務はお休みのようだった。徳沢園では、眠気覚ましのコーヒーと極上のソフトクリームをご馳走していただいた。

Read More

瑞牆山 調和の幻想 5.10a 5p

9/27 前日の雨も止み、久しぶりに比較的良いコンディションの中、ずっと登りたかった調和の幻想にトライした。メンバーは4年鈴木雄大と3年福田倫史。

1p 5.9+ 30m
キャンプ場から30分で取り付きに到着し、10時40分スタート。出だしのワイドから快適なハンドクラック。ワイドにはまだ慣れが必要だが、小核心を超える毎にレストできるポイントがあり、何とかオンサイト。フォローした福田も核心部で耐え、落ちずに登った。

2p 5.8 20m
福田がリードでスタート。出だしのハンド大クラックが濡れていて難し目。福田が何回かトライするが突破できず、リードを交代した。上部スラブも濡れていたため、少し怖さを感じたが、何とか落ちずに登り切る。福田が取り付き付近に横山「ジャンボ」勝丘さんと増本さんを発見するが、遠かったため声をかけられず。

3p 5.9 20m
カンテ状フェースを登る。福田リード。ところどころクラックがあるので、そこから支点は取れる。右にトラバースした後のフィンガークラックが少し難しい。エイドに使っていたナッツが外れて派手に落ちた
が、古めのリングボルトがしっかりとキャッチしてくれた。

Read More

瑞牆山 クライミング山行

アメリカですっかりクライミングの虜になり、衝動を抑えきれずに瑞牆山へ行ってきた。パートナー探しに苦労したが、最近暇そうにしているらしい犬塚さんが快く来てくれた。

一つ目に登ったルートは最近開拓されたばかりのjoyful moment 5.9 5p というルート。ブッシュ歩きもなく、下から山頂まで軽快なクライミングができるらしい。

1p目は5.9の左上するクラックを登り、木でピッチを切る。登り出しで少しプロテクションが取りにくいが、そんなに難しいムーブはなく快適に登る。ヨセミテの5.7よりも簡単に感じた

2p目 ハイハイトラバース。15メートル程左へ、少々ハングした岩を上に見ながらトラバース。ここは
犬塚さんが得意なハイハイで難なく通過。

Read More