活動報告

2017年度春山合宿

[経緯]
かねてから飯豊連峰には独特のオーラを感じていた。その名の響きからなのか、なんなのか…。とにかく「いつか登りたい!」そんな風にぼんやりと頭の片隅に置いてあった。その「いつか」は意外にも学生時代にやってきた。昨年6月に剱岳を春山の対象から外すことがコーチ会で決定されたためだ。

レベルの高い登攀ができないなら、雪と格闘する重厚長大な縦走をやってやろうと思った。できれば、来年度に向けて経験値を蓄積するためにも、記録の少ない山域のほうが良い。ーー「飯豊連峰だな。」頭の片隅に置いておいた山の名前が不意に浮かんできたのだ。

冬期の飯豊連峰縦走に向け、創刊号から2000年代までの岳人や山と渓谷を全て調べ上げ、記録をかき集めた。これを参考にし、山形県長者原から西俣尾根を経て主稜線を縦走し、三国岳から松ノ木尾根を下降するルートに決定した。

計画に万全を期すため、冬山合宿で西俣尾根の偵察を行い、いよいよ春山合宿で飯豊連峰縦走へと挑戦した。

Read More

2017年度冬山合宿

1.対象:飯豊連峰 地神山

2.期間:2017年12月22日〜12月25日

3.メンバー:4年CL福田、2年SL中島 浅川

4.概要:
12月22日(金)晴れ 18:00部室集合〜22:00出発〜23:10東京駅鍛冶橋バスターミナル発高速バス〜
早稲田界隈は放生寺の冬至祭りのためかなりの人で賑わっていた。人混みをガッシャーで強行突破し18時に部室に集合。3人ということで装備も少ないため、すぐにパッキングを終える。重量は大体40キロ前後になった。年の瀬なので、いつも以上にきれいに部室を片付け、22時に東京駅へ向け出発した。鍛冶橋バスターミナルは相変わらず遠い。やっとの思いでバスターミナルに到着すると、早稲田界隈同様過密状態だった。人混みから逃げるように米沢行きのバスは23時10分定刻通りに出発した。

Read More

2017年度新雪期合宿

1.対象:富士山

2.期間:2017年11月23日(木)~27日(月)

3.参加メンバー:4年福田(CL)、2年中島(SL)・浅川、田中OB(28年度卒)

4.行動詳細:

11/23(木) 雨のち晴れ
11:00集合~14:00発15:35新宿バスタ発=17:30御殿場駅=タクシー=19:30新5合目登山口
昨年度の出発日は東京では54年ぶりの11月中の積雪に見舞われたが、今年は雨。新雪期合宿出発日はなかなか天気に恵まれない。11時に集合し、パッキング。グローバルエデュケーションセンターからパルスオキシメーターをお借りすることができ、医療パックも整った。14時すぎに部室の掃除を終え出発。雨は上がっていた。昨年までは小田急ハルク前から出ていた御殿場行きのバスは新宿バスタ発着となっていた。祝日のためか、予定から15分ほど遅れて17時半に御殿場駅到着。夕食と明日の朝食の購入を済ませてタクシーに乗り込んだ。問題のゲートは開いており、新5合目登山口までタクシーで入ることができた。4人で一台に乗ったため4370円也。登山口には他に明治大がテントを張っていた。また、新5合目駐車場には車が5台ほど停まっていた。駐車場の隅にテントを張り、20時半に就寝した。

Read More

2017年度夏山合宿

1.対象:北アルプス剱岳真砂沢定着~上高地

2.期間:2017年8月4日~2017年8月17日

3.メンバー:4年CL福田、2年SL中島、浅川、小野、1年香取、萩原OB、鈴木雄大OB

4.行動詳細:

8月4日(金) 曇り 18:30部室集合~23:30東京駅八重洲鍛治屋橋BT=高速バス=06:00富山駅
 18:30に部室に集合し、装備、食糧等々の確認を行う。事前に立山駅前の五十島商店に食糧やガスを送っていたが、送り漏れもなくひと安心。パッキングをすまし、早稲田で夕食をとったあとは東京駅へ向かう。鍛治屋橋のバスターミナルに到着すると、金曜の夜ということもあってか混雑がひどく、辟易してしまう。バス待ちの間に雨がパラついたが、屋根の下は入る余地がなく少々濡れる。小雨であったことが不幸中の幸いであった。雨脚が強くなりかけたころバスが到着し、雨から逃げるように富山へ向かった。

Read More

2017年度新人合宿

1.対象:北アルプス 穂高連峰涸沢

2.期間:2017年6月8日~2017年6月14日

3.メンバー:4年CL福田、2年SL中島、浅川、小野、1年香取、中山OB、橋本OB、萩原OB

4.行動詳細:
6月8日(木) 曇り16:30部室~22:40東京駅八重洲南口バスターミナル=高速バス=05:30上高地バスターミナル
授業で遅れる福田以外は16時半に部室に集合し団体装備、個人装備の確認をする。準備と最終準備会で新人の個装チェックをしていたので、忘れ物もなくすぐに確認を終える。香取は高校山岳部出身だけありパッキングも上手い。早稲田で夕食をとり終わるも時間が余ったので新人に練習させていた穂高連峰の概念図を書かせる。よく覚えている。準備は万端のようだ。出発前に部室の掃除をし、大きく膨れたガッシャーと共に東京駅八重洲南口へ向かう。雨の予報だったが、雨に降られることもなく22時半に「さわやか信州号」に乗り込んだ。

Read More