All posts by wasedaalpine@gmail.com

2022年度 小川山秋山合宿

1.対象:長野県 小川山
2.日程:2022 年 11 月 2 日〜4 日
3.メンバー:岩波(2 年 CL) ・上村(1 年)・鈴木雄大コーチ・真道 OB
4.概要

11/2
19:00 部室集合〜21:41 早稲田駅発〜0:38 小淵沢駅着

19 時に部室に集合し荷分けをする。今回は現役部員は 2 人なので、1 人当たりの荷物は多めである。21 時半前に部室を出発し、混んでいる中央線に耐え,0 時半過ぎに小淵沢駅到着。ここで真道さんと合流した。

11/3 天気:晴れ
6:11 小淵沢駅発〜6:54 信濃川上駅着〜8:00 廻り目平キャンプ場着〜10:00登攀開始(屋根岩エリア)〜15:30 登攀終了〜21:00 就寝

小淵沢駅で小海線の始発に乗り、信濃川上駅へ。前日からタクシーを配車していたのでスムーズに廻り目平キャンプ場に到着できた。1 日目は屋根岩エリアソラマメスラブでシングルピッチを行った。ソラマメ(5.9+)、やわらかソラマメ(5.8)、下部スラブでは、生木が倒れたよ(5.9)、三色すみれ(5.10a) などを登った。帰幕後は、毎年恒例の焚き火をした。真道さんのお手製の韓国料理をご馳走になり、皆で焼き芋をした。21 時に就寝。

Read More

2022年度 北岳バットレス登攀山行

1.対象:北岳バットレス第四尾根主稜
2.日程:2022年9月25日(日)~9月27日(火)
3.参加者:4年田中、2年岩波(CL)、1年上村
4.概要

9月25日(日) 気温:12℃  天気:晴れ

9:00 甲府駅~11:00 広河原登山口~11:20 登山開始~13:10白根御池小屋~19:00就寝
偵察隊:13:50白根御池小屋~15:50下部岩壁取り付き~17:20 白根御池小屋

朝に甲府駅に集合し、バスで広河原へ。台風接近で天候が心配されたが天候は問題なさそうだ。広河原から白根御池小屋までは途中の第二ベンチでの休憩を入れて1時間50分。久しぶりにほかの登山者を追い抜きながら登った。白根御池小屋到着後、明日に備えて下部岩壁の取り付きまで偵察に行く。行きは登山道からバットレス方面に入るのが早すぎて最後に第五尾根支稜取り付きまでかなりガレた沢をトラバースする羽目になった。帰りは取り付きの近くから延びる踏み跡をたどり下山。登山道からの分岐にはタオルの巻いてあるケルンがあったので位置を記録する。予定よりは遅れが、17時過ぎには帰幕した。明日のルートの確認をしたあと19時頃に就寝。

Read More

2022年度 夏山合宿

1.日程
 2022年8月1日〜8月15日

  1. 対象
    定着:北アルプス 劔岳
    縦走:北アルプス 雷鳥沢〜浄土山〜五色ヶ原〜越中沢岳〜薬師岳〜黒部五郎岳〜双六岳〜槍ヶ岳〜横尾〜上高地
  1. メンバー
    4年小池 定着C.L.(気象・医療) 5年真道 縦走C.L. 2年岩波(装備) 2年鎌形(食料) 1年上村   
  2.  概要

    ・登攀パート(8/1~9)

    8/2 気温22℃ 晴れ
    16:00部室~23:15バスタ新宿~5:15富山駅~7:30立山~9:10室堂~10:10雷鳥沢テント場~12:35劔御前小屋 ~ 13:40劔沢着

Read More

2022年度 越沢バットレスクライミング山行

  1. 対象 奥多摩越沢バットレス
  2. 日程 4月17日(日)
  3. メンバー 4年 田中CL 2年 岩波、鎌形
  4. 概要
    8:42鳩ノ巣駅集合~9:26 越沢バットレス到着~9:57 一般ルート右登攀開始~11:47 一般ルート右登攀終了~12:57 第二スラブ登攀開始~15:50 第二スラブ登攀終了~16:35荷物回収~16:55越沢バットレス出発~17:23 鳩ノ巣駅

2年生の夏山定着合宿のリードの練習として越沢バットレスに行きました!以下報告です!

鳩ノ巣駅に集合し、鳩ノ巣ガーデンキャンプ場を経由し越沢バットレスへ。到着した時にはすでに数パーティーがいた。3時から雨予報だったので3時までに登攀を終了する目標を立てる。

Read More

2021年度 春山合宿

  1. 日程:2022年3月7日〜3月12日
  2. 対象:北アルプス 爺ガ岳白沢天狗尾根〜鹿島槍ヶ岳
  3. 参加メンバー:4年 真道CL、田代SL、江口 3年 田中、小池 1年 壬生、岩波、鎌形
  4. 概要:
動画でより詳しく様子がわかります!

3/7
19:00部室集合〜22:00 出発〜23:05 バスタ新宿発

大学は閉門し早大生はまさに帰途に着く中、例によって浮世離れの体現者たる我々は、ひときわ目立つ巨大なザックを背中に担ぎ、帰りゆく学生たちの流れに逆らう様にして部室へと集結した。遂に春山合宿の始まりだ。集まるや否や団装の振り分けとテルモスの作成、パッキングを済ませる。必要最小限の荷物とありったけのやる気を詰め込んだザックは、過去最高レベルに重くなった。準備は万端。地下1階の部室から、2889mの頂きに向けて、いざ出発だ。バスタ新宿には、OBの高田さん、浅川さん、山賀コーチが見送りに来てくださった。夜遅くにも関わらずありがとうございます。皆さんから豪華な差し入れまで頂き、部員の士気は最高潮まで高まる。いろいろ話も尽きない所だが、バスの出発時刻が迫る。合宿成功と安全登山を誓い、部員はバスに乗り込んだ。23:05、我々を乗せたバスは、鹿島槍ヶ岳の待つ最終決戦の地、長野県大町市へと発進した。

さらばバスタ!

Read More